事業内容

中西金属工業(株)のグループ企業であるNKCながいグリーンパワー(株)では、木質バイオマス資源の豊富な山形県内で地元資源活用による域内循環性・地域社会の持続可能性の向上に貢献し、未来の可能性に満ちたバイオマスエネルギーを環境に優しい分散型電源とすることで、新しい21世紀型の資源循環型社会の実現を目指します。

中西金属工業(株)は1924年前身の「中西製作所」創業以来、自動車関連や様々な産業用機械で使用されているベアリング・リテーナーを始め、自動車の各種生産ラインに対応するコンベアシステム、サッシなどの住宅環境製品の製造など時代の変化とともに新たな事業を積極的に取り組んでいます。

中西金属工業のサイトはこちら

発電所紹介動画

発電実績(2020年度)

バイオマス発電実績

2020年度総発電量は約1,300万kWh。年間の設備利用率は約74%です。
同規模のアップドラフト式ガス化発電において、当発電所は国内で類をみない発電実績を誇っています。
11月は、1カ月間稼働を停止し年次点検を行っています。

太陽光発電実績
・むらやま発電所

山形県の中心部に位置する村山市で稼働している太陽光発電所です。
2020年度の年間総発電量は約200万kWh。
雪深い村山市では、冬は除雪を行ってもすぐにパネルが埋まるほどの積雪があります。
2020-2021年の冬は、例年以上の積雪量の多さで発電量が少なくなっています。

・なばり発電所

三重県名張市で稼働している太陽光発電所です。
2020年度の年間総発電量は約50万kWh。
中西金属工業(株)名張工場の屋根を有効利用し太陽光パネルを設置、発電を行っています。

MENU